建築施工風景

グリーンテラスは断熱性能のあるLOW-E複層ガラス16年03月02日

今日はグリーンテラスの窓のお話し。

グリーンテラスの窓は、断熱性能のあるLOW-E複層ガラス。

LOW-E複層ガラスとは・・・

Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略で、複層ガラスのうち、その内面部に特殊な金属膜を設けたものをいう[4]。外側ガラスの内面側に特殊金属膜を設けたものを遮熱高断熱複層ガラス、内側ガラスの外面に設けたものを高断熱ガラスとする場合が多い。施工地域の寒暖や建物開口部(採光する窓)の向きによって使い分ける。金属膜が放射による熱の伝達を抑えるため、従来の複層ガラスに比べ断熱性能が高い。また冷暖房負荷を大きく削減することができ、数年で初期投資が回収できる。(Wikipediaより引用)

つまり、熱の出入りが最も多い窓からの熱損失を防ぎ、冷暖房効率を高めます。

冷暖房器具を使っても無駄なエネルギーを使わなくて済むため、室内を快適な温度で過ごせ光熱費を抑えることもできます。

デザイナーズ賃貸は、デザインに偏りがちで性能は二の次になってしまっている物件もありますが、グリーンテラスは細部の設備や機能までこだわっています。

お引越しをお考えの方は、ぜひグリーンテラスを候補にお考えください!